リプロスキン クレーター

リプロスキンでクレーターのニキビ跡は治せるの?

クレーターのニキビ跡は治しやすいの?

 

クレーターは基本的にはホームケアでは治しにくいニキビ跡です。

 

なぜ治すのが難しいかというと、クレーターができる肌にコラーゲンが生成されないからです。

 

コラーゲンが生成されないのは、コラーゲンを生成している繊維芽細胞という細胞が正常に機能していないからです。

 

この繊維芽細胞は肌の奥にある真皮という部分に存在し、リプロスキンのような化粧水は表皮という皮膚の1番上の部分までしか入りません。

 

つまり、化粧水は真皮まで届かないのです。

 

そのため、リプロスキンでは真皮という部分のクレーターの原因を治すことができないのです。

 

クレーターを治すのが難しいのはそのためです。

 

ですから、クレーターを治すには、繊維芽細胞を肌に注入する手術やレーザーなどの手術が必要です。

 

クレーターを治すには、皮膚科などの専門医に診てもらうのがおすすめですが、リプロスキンを使ってクレーターを目立たないようにすることはできます。

 

リプロスキンでクレーターを目立たなくする方法

 

リプロスキンでクレーターを治すのは難しいのですが、クレーターを目立たなくすることはできます。

 

クレーターを目立たなくするには、リプロスキンを使って肌に水分を与えます。

 

そうすることによって、乾燥して縮んでいた細胞に厚みができるので、クレーターの陥没が減っていきます。

 

元から陥没の度合いが低いクレーターであれば、見えないくらいまで治すこともできます。

 

リプロスキンには保湿成分が豊富に含まれていて、肌を健康な状態に導いてくれる成分が入っています。

 

クレーターを目立たなくすることを前提として使用するならば、リプロスキンはクレーター肌に有効な化粧水といえます。